Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/79-94b63d00

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年12日8日 大阪プロレス 「天王山2012」二回戦後半戦

天王山2012、この日は2回戦残りの2試合が行われた。観衆191人。
第1試合 20分1本勝負 ○原田大輔(7分44秒 ターンオーバーニー→片エビ固め)×スパイダー・J
CIMG0590.jpg CIMG0619.jpg CIMG0628.jpg
CIMG0648.jpg CIMG0665.jpg CIMG0677_20121215222445.jpg
ロックアップ、スパイダーがバックを取る、原田が脚を取って倒しレッグロック、スパイダーがヘッドロックからリストを取る、原田がヘッドスプリングで取り返すとスパイダーも前転からのヘッドスプリングで取り返すしてアームホイップ、原田の攻撃をかわして腰投げ、原田がヘッドシザーズ、スパイダーが抜け出す。手4つの構えから原田がガットショット、ヘッドロック、スパイダーがロープに振ろうとするが原田はヘッドロックを外さず、スパイダーが腹部へのパンチからロープに振る、原田がショルダーブロック。腰に膝をのせてのフェイスロック、リリースして起こすとスパイダーが顔面掻き毟り、コーナーでストンピングから踏みつけ、ボディスラムからエルボードロップ2発、3発目はいかずに首元踏みつけ、ロープ際で紐を使ったチョーク。コーナーに振って突っ込むが原田がキックで阻止、ランニングエルボーをスパイダーがキャッチしてDDT、エースクラッシャー、カウント2。エルボー連打からロープに振る、原田がフロントスープレックス、ロープに振って串刺しエルボー、ボディスラム、ダイビングフットスタンプ、ロープに振って戻ってきたのを捕まえてのボディスラム、カウント2。担ぎ上げようとするがスパイダーは着地してバックを取る、原田がバックエルボーで外すとスパイダーがチョップ、チョップの打ち合いからエルボーの打ち合いへ、かわしたスパイダーが担ぎ上げてロープに落とす。モアイオブイースター、トップコーナーからミサイルキック、原田はキャッチしてパワーボム、ターンオーバーニー、カウント3。

第2試合 タッグマッチ30分1本勝負 ○えべっさん&くいしんぼう仮面(12分8秒 スモーピオンデスロック)松山勘十郎&×タコヤキーダー
CIMG0701_20121215225442.jpg CIMG0731.jpg CIMG0747.jpg CIMG0772.jpg
くいえべがリングインすると、お互いにコブラツイストをかけて客席に向かってピース。先発はえべっさんと勘十郎。えべっさん「オー!」とアピール、勘十郎も「イエーイ!」とアピール、えべっさんがコーナーにあがって「オー!」、勘十郎も上がろうとするが踏み外して転落。ロックアップから勘十郎がバックを取る、えべっさんが取り返すと勘十郎は身体を反転させて怯ませてアームホイップ、脚を払ってカバー、えべっさんが跳ね除けて脚を払ってカバー、勘十郎も跳ね除ける。くいしんぼうとタコに交代。タコ「よっしゃいくぞー!」とアピール、くいしんぼうは無言で両腕を上げる、くいしんぼうがチョップ連打、タコがチョップを返すと当たってない首を痛がる、ガットショットで捕まえてえべっさんに交代「えっ!?もう代わるの?」チョップの打ち合いからタコ「頭かいぃ~」えべっさん「何がやりたいんだこらぁ!なにこら、たここら!あっ、お前タコや」キッチンシンク、ロープに跳んでラリアット、サソリ固めと思いきや「スモーピオン!」と叫びスモーピオンデスロック。リリースして場外に出すとロープに跳んで場外ダイブ、にはいかずフェイント「ほーら、えべこだよ」くいしんぼうと勘十郎に交代、勘十郎がロープに振る、くいしんぼうが切り返してドロップダウン、3回目は腰を上げて勘十郎を転倒させる、えべっさんに交代「もう代わるの!?」ハンマーやニーでコーナーに詰めて突進、勘十郎がキックで阻止してヘッドシザーズホイップ、腕を取って眩暈坂、見得を切っているところにくいしんぼうがカンチョー、場外に出るとえべっさんが尻にキック、花道でハンマースルー、勘十郎が切り返すとえべっさんは客席に向かって「ほーら、えべこだよ」くいしんぼうが勘十郎にナックル、えべっさんがタコにキック。
CIMG0781.jpg CIMG0802.jpg CIMG0830.jpg CIMG0853.jpg
タコをリングに戻してナックル連打、えべっさんに交代。ダブルでロープに振ってバックエルボー、コーナーで踏みつけ吉野「反則だろ」えべっさん「負けることを考えて試合するやつがいるか!えっ、違った!?」吉野突っ込む。フライングメイヤーからチョーク、吉野「反則だろ」えべっさん「時は来た!それだけだ!」吉野「「えっ、違った!?」言えや!」タコがソバット、ロープに跳ぶがえべっさんがショルダーブロック、スモーピオンデスロック、勘十郎がハリセンでカット。ロープに振ってのハリセン攻撃をえべっさんがかわし、ハリセンを奪って攻撃。ビンタ合戦はえべっさんが勝ちロープに跳ぶ、勘十郎が醒、くいしんぼうがカット。ヘッドロックからの衝突、カウント2、場外にでたくいえべに勘十郎が十六夜清心、くいしんぼうは避けて当たったふり。くいしんぼうをコーナーに振る、くいしんぼうが切り返して突っ込むが勘十郎がキックで阻止、コーナーに上がるとくいしんぼうがチョップから雪崩式フランケンシュタイナー、タコがタコヤキック、えべっさんがフライングクロスチョップ、3度目のスモーピオンデスロック、くいしんぼうも勘十郎にスモーピオンデスロック、ロープエスケープ。くいえべが対角線上に振ってぶつけようとするが勘十郎とタコはジャンプと前転で回避、逆にくいえべは両者ジャンプしてしまい衝突、タコがえべっさんをコーナーに振る、さらに吉野レフェリーも振る、吉野レフェリーが切り返してタコを振る、えべっさんがUターンさせると吉野レフェリーがトラースキック、えべっさんがロープに跳んでラリアット、4度目のスモーピオンデスロックでタコがギブアップ。

第3試合 10人タッグマッチ30分1本勝負 ブラックバファロー&タイガースマスク&ビリーケン・キッド&×瀬戸口直貴&三原一晃(13分58秒 クローズラインfromニューヨーク→片エビ固め)空牙&秀吉&政宗&ヲロチ&○クワイエット・ストーム
CIMG0906.jpg CIMG0930.jpg CIMG0953_20121215233308.jpg
CIMG0974.jpg CIMG0984_20121215233553.jpg CIMG1001_20121215233640.jpg
ジョーカーの奇襲で試合開始。三原のチョップと秀吉の逆水平の打ち合い、秀吉が一刀、ショルダーブロック合戦で三原が倒す。タイガースとヲロチが手4つの構えからタイガースがガットショット、構えをとるとヲロチが腹部へパンチ連打、腕をぐるぐる回してのパンチ、タイガースにはまったく効かず、ならばとヲロチがヘッドバットで倒す、ロープに振る、タイガースが背中を乗り越える、ヲロチがニーからロープに跳ぶ、タイガースがドロップキック。ビリーがストームを、瀬戸口が空牙を振ってぶつけドロップキック、ストームをロープに振ってダブルのドロップキック。入ってきた政宗をビリーが捕まえてバファローがダブルアックスハンドル、高速ブレーンバスターからギロチンドロップ。タイガースがロープに張り付けて正拳突き連打、ビリーがロープに振ってケブラドーラ・コンヒーロ、三原がコーナーでショルダータックル連発、バファローと瀬戸口がロープに振ってダブルのショルダーブロック、バファローがエルボースタッブからロープに跳ぶ、秀吉がエプロンからキック、場外戦へ、タイガースは雛壇でストームの攻撃を受けて階段落ち。瀬戸口を戻すと秀吉がロープに張り付けてアームパンチ連打、タイガースがカットに入るも空牙が阻止、秀吉がエプロンからニーリフト、政宗がニー連打から首投げ、トペ・アトミコ。ストームがボディスラムから「クワイエット・ストーム、イチバーン!」エルボードロップ、外に出して空牙がエプロン幕で殴打、カットに来たタイガースとバファローを政宗が捕まえて空牙が殴打、リングに戻してカバー、カウント2、タイガースは空牙に向かってエプロン幕で殴ろうとするが未遂に。ヲロチがコーナーでナックル、コーナーに振り、赤コーナーに走って分断し串刺しエルボー、バックを取ると瀬戸口が取り返す、ヲロチがさらに取り返してコーナーに振って突進、瀬戸口がキックで阻止してドロップキック、タイガースに交代。
CIMG1019.jpg CIMG1031.jpg CIMG1047.jpg
CIMG1061.jpg CIMG1090.jpg CIMG1095.jpg
ヲロチにエルボースタッブ、秀吉にソバット、コーナーへ突き飛ばす、コーナーに上がろうとした空牙にハイキック、向かってきたヲロチをコーナーの秀吉にぶつけて秀吉へハイキック、ヲロチをスクールボーイ、返したところへ満月の夜、構えをきめているところへ政宗が入りロープに振る、タイガースはそのままトペ・コン・ヒーロ。ビリーがミサイルキック、お座りトペコン、バファローが政宗をサードロープにかけてスライサー、ベースボールスライド&タイガースの掌底、三原のボディプレス、カバーをヲロチがカット。バファローが政宗にバックドロップ、瀬戸口がダイビングニードロップ、カウント2。エルボーからロープに振る、政宗がネックブリーカー、バファローにガットショットからロープに振るがバファローはラリアット、空牙がソバットからUターンブルドッキング、三原がジャンピングショルダーブロック、ストームがコンプリートショット、タイガースが攻撃をかわしハイキック、気を整える形をとる、振り返ったところへ秀吉が一刀、ビリーがロープに振る、秀吉が切り返して振って跳ね上げるとビリーはフランケンシュタイナー、ヲロチに複雑な切り返しからのショートレンジラリアットをかわされるとヲロチが逆にショートレンジラリアット、瀬戸口がジャンピングヘッドアタック、ブレーンバスター、エルボーからロープに振って突進、ヲロチが交わすと政宗が串刺しレッグラリアート、秀吉が串刺しバックエルボー、ヲロチが串刺しラリアット、ストームが串刺しラリアット、空牙は水噴射、秀吉とヲロチが持ち上げコーナーのストームが担ぐと雪崩式オクラホマスタンピード、カバーをタイガースがカット。政宗がタイガースを外に出そうとするが、タイガースはロープを掴み逆上がりの要領で戻ろうとするが戻りきれず、政宗がグリップをカットしてようやく落としているところで、ストームが瀬戸口にクローズラインfromニューヨーク、カウント3。

抽選会
CIMG1115.jpg CIMG1118.jpg CIMG1122.jpg
休憩明けに開始、担当は勘十郎とバファロー。滞りなく終えた後、16日のIMP大会の宣伝から二人が対戦する森嶋猛への対抗策を考えることに。3対3でやるには厳しいと考えているところに瀬戸口が入ってくる、まだカードが決まっていないので入って4対3でやろうと直訴、「やる気、元気、直貴!」しかし、もひとつ何かほしいとなり、森嶋の苦手なものであるマイバッハ谷口を模して瀬戸口がマイバッハ・ナオキとなることを提案。「やる気、直貴、直貴!」勘十郎崩れる。交渉役の吉野レフェリーに伝えると、一方的な提案ではノア側は飲んでくれないかもしれないので、夜のノアIMP大会に勘十郎を生贄として参戦させ強い相手にぶつけるという交換条件を提示。バファロー「生贄なんて言っちゃあいけにぇ」とにかくこの条件でノアと交渉することに。締めは「やる気、元気、直貴!」

セミファイナル 「天王山2012」公式戦二回戦時間無制限1本勝負 ○HAYATA(10分23秒 スモールパッケージホールド)×ゼウス ※HAYATAが天王山2012準決勝戦進出
CIMG1135.jpg CIMG1149.jpg CIMG1166.jpg CIMG1193.jpg
HAYATAはリングインするなりゼウスに襲い掛かって試合開始。場外に出そうとするがゼウスがこらえてロープに振る、HAYATAが攻撃をかわして延髄斬り、ゼウスがブロックしてロープに跳ぶ、HAYATAがロープを下げて場外に落とすとロープに跳んでトペ・コン・ヒーロ。リングに戻してフライングメイヤーからムーンサルトプレス、カウント2、ヘデックをゼウスがこらえるとそのまま持ち上げてパワーボム。ストンピング、HAYATAがチョップ連打、ゼウスは逆水平1発で倒す、ロープに振ってバックエルボー、カウント2。逆水平やストンピングなどからロープに振る、HAYATAが切り返して延髄斬り、倒れないとロープに跳ぶがゼウスがリフトアップスラム、スリーパーホールドから首4の字固め、HAYATAはロープエスケープ。
CIMG1214.jpg CIMG1227.jpg CIMG1238.jpg
CIMG1249.jpg CIMG1263.jpg CIMG1268.jpg
コーナーに振って突進、HAYATAがよけてスイングDDT、ゼウスはいかせずにベアハッグからスープレックス、フォールアウェイスラム、カウント2。HAYATAがチョップ連打、ゼウスが逆水平1発、HAYATAがチョップからエルボー連打、ゼウスがエルボー1発で返す。コーナーにぶつけて突進、HAYATAがキックで阻止してミサイルキック、倒れないゼウスが逆水平で倒しぶっこ抜きブレーンバスター。チョークスラム狙いをHAYATAが切り返して逆打ちの体勢に、ゼウスは身体を振って振り落とす、ロープに跳ぶとHAYATAがトラースキック、膝を突いたところへトラースキック、カウント2。チョークスラム狙いの腕をうまく取って逆さ押さえ込みをねらうがゼウスが力で振りほどいてラリアット、カウント2。三度目のチョークスラム狙いは首を掴んで持ち上げるがHAYATAがウラカンラナの体勢へ、ゼウスがこらえてパワーボムの形で持ち上げる、HAYATAはそこから回転エビ固め、カウント2、ゼウスがラリアット、カウント2。4度目のチョークスラムが決まるがカウント2。アルゼンチンバックブリーカーからジハード狙いで身体を振るが、その勢いでHAYATAが小包固め、カウント3。

※奇襲からスパートをかける作戦にでたHAYATAだが、一度ゼウスに捕まってしまうと体格とパワーの差にかなり苦しみ、なかなか太刀打ちできない展開に。勝機を見出せそうな押さえ込み技もことごとく力で捻じ伏せられるが最後の最後で小包固めで何とか勝利。HAYATAが勝つにはこうするしかないのだろうなと思いながらも、ゼウスに対してほとんど何もやらせてもらえない試合になったのは残念に感じました。

メインイベント 「天王山2012」公式戦二回戦時間無制限1本勝負 ×タダスケ(19分3秒 猛毒波布空爆→片エビ固め)○HUB ※HUBが天王山2012準決勝戦進出
CIMG1273.jpg CIMG1279.jpg
CIMG1303.jpg CIMG1308.jpg CIMG1316.jpg
CIMG1324.jpg CIMG1341.jpg CIMG1353.jpg
ロックアップでタダスケがロープに押し込みクリーンブレイク、再びロックアップからHUBがバックを取る、タダスケがリストを取るとHUBは前転から取り返してヘッドロック、タダスケがロープに振ってショルダーブロック、3回目でタダスケが倒しロープに跳ぶ、HUBがドロップダウンから尻尾攻撃、タダスケがかわしてソバット、ロープに跳ぶとHUBが尻尾攻撃、タダスケは場外に出て間をおいてから戻る。ロックアップからHUBがハンマーロック、そのままグラウンドへ引き込み受身を取る、固めた左腕を両脚で挟み込み後ろ受身、ハンマーロックのままタダスケの身体を反転させてエビ固め、カウント2。ドロップトーホールド、両膝の裏に乗り足首をフックしてジャンプするニークラッシャー、左脚へのレッグロック、リリースして脚へのストンピング、うつぶせにしてニークラッシャー、脚を掴んだまま一回転して入るアンクルホールド、タダスケはロープエスケープ。タダスケがエルボー連打で膝をつかせる、HUBがジャンピング延髄斬り、膝を支点に折り曲げるレッグロック、逆片エビ固め、タダスケはロープエスケープ。
CIMG1362.jpg CIMG1386.jpg CIMG1400.jpg
CIMG1411.jpg CIMG1428.jpg CIMG1445_20121216005953.jpg
HUBロープに振るがタダスケが切り返してガットショット、サードロープに倒すとシーソーホイップでセカンドロープを首元にぶつける。場外に出してイス攻撃、HUBがソバットからイス攻撃、タダスケが再びイス攻撃。リングに戻してヨーロピアンサイドヘッドロックからフライングメイヤー、スリーパーホールドからHUBの尻尾を首に巻きつける、ボディスラムから胴絞めスリーパー、HUBの動きにあわせてうつ伏せになっても絞め続ける、HUBがロープエスケープするがタダスケは反則カウント4まで離さない。ロープを掴んで膝を頭部に押し付ける、起こすとHUBが張り手、タダスケも張り手で倒し四つん這い状態の腹部を蹴り上げる。タダスケの逆水平とHUBのチョップの打ち合いでタダスケが勝ちネックブリーカー、カウント2。ラストライドを狙うが持ち上げきる前にHUBが切り返してDDT、コーナーに振って串刺しニー、コーナーに上げて雪崩式首投げ、カウント2。タダスケが場外に出るとHUBがトペ・スイシーダ、タダスケは右ストレートで迎撃、エプロンから引き込んでイーブンフローDDT、HUBの攻撃をかわして後頭部へエルボー、ネックブリーカーと見せかけて後頭部へエルボー。
CIMG1459.jpg CIMG1475.jpg CIMG1486.jpg
CIMG1501_20121216010321.jpg CIMG1534.jpg CIMG1541.jpg
エプロンに出たHUBを起こすとHUBはロープ越しにエルボー、コーナーにぶつけてからコーナーへ、タダスケがフロントハイキック、上がって雪崩式技を狙うがHUBがエルボーで落とし圧殺波布空爆、タダスケは背中でキャッチ、HUBが後方に着地してバックを取る、バックの取り合いからHUBがDDT、カウント2。蛇ムーブで周ってタダスケが起き上がったところに閃光毒牙、タダスケはこれを受け止め持ち上げてラストライド、カウント2。ショートレンジラリアット3連発からロープに跳んでクローズラインfromお初天神、もう一発狙うがHUBがかわして尻尾攻撃、ロープに跳ぶとタダスケが跳ね上げて右ストレート、担ぎ上げるがHUBが後方着地してバックを取る、タダスケは吉野レフェリーを捕まえて突き飛ばすとHUBに急所蹴り、ロープに跳んで後頭部へラリアット、オービートライス、カウント2。再び担ぎ上げるがHUBが着地してリストを取って前転させて怪人エビ固め、カウント2。タダスケが担ぎ上げるとHUBがその状態でスリーパーホールド、着地するとドルフィンマジックを狙うがトップロープに足がかかったところでタダスケがこらえて担ぐ、アウトキャストを狙うがHUBはその勢いで腰投げ、押さえ込むがカウント2。ロープに跳んだところを担ぎ上げてアウトキャスト、HUBはDDTに切り返して閃光毒牙、蛇苦波布、カウント2。ぺディグリーから猛毒波布空爆、カウント3。

CIMG1544_20121216010455.jpg CIMG1550.jpg CIMG1552.jpg CIMG1558.jpg
HUB「HUBの実力はこんなもんじゃないぞ、まだまだ俺に勝ちたかったらプロレスを愛してみろ。でもな、お前プロレスなめちゃなんかいないな。(タダスケ「当たり前やんけ」)当たり前やんな。お前と試合しててすげえハートの強さを感じたよ。また俺が悩んだときとかさ勝負してくれよ。今、大阪プロレス、若いやつらが上がってきてるんだってな。それで握手したら若手を認めたことになるからな握手はなしだ。久々に上がった大阪プロレスのリングでお前とやれてよかったよ。ほんとは天王山トーナメントあたりたいやつがいたんだけど、そいつが負けちまったからよ、残るは俺が優勝するしかないな。決勝戦IMP、このHUBが優勝するところ見たかったら帰りにチケット買うの忘れるなよ。この天王山、優勝するのはこの俺だ」

※序盤はHUBがレスリング技術で苦しめていくが、中盤からタダスケが極悪集大成の頃を思い出させる反則攻撃を駆使しつつ、HUBに対する研究をしっかりしてきたことが窺える読みや切り返しであと一歩まで追い込むが勝利には手が届かなかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/79-94b63d00

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

プロフィール

shikamasa

Author:shikamasa
プロレス好きの男

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。