Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/52-66994bbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年9月24日大阪ホリデーパラダイス

ビッグマッチの翌日でも土日は試合の大阪プロレス。CHIKARA勢は4日目。ビッグマッチ明けのためか観衆99人と三桁割ってます。タイガースマスクはスタンリー参戦のため欠場。

P1730483_R.jpg P1730486_R.jpg
大会開始前にビリーがリングに上がり、昨日のタイトルマッチで腰を痛めたため2日間欠場することを発表した。歩行、特に階段の登り降りがかなりキツそうに見えたが、幸いにも連休後に1週間の休暇に入るためそこでじっくり直してもらいたい。

入場式
P1730487_R.jpg P1730490_R.jpg P1730491_R.jpg
代表挨拶は原田。「大事な発表がある」ということで勘十郎にマイクを渡すと、いつもどおりの初観戦、遠方からの観戦客のアンケート。原田は自分がやるのが恥ずかしかったらしい。

第1試合 20分1本勝負 ×三原一晃(8分2秒 チンギー→片エビ固め)○タダスケ
P1730515_R.jpg P1730519_R.jpg P1730528_R.jpg
P1730558_R.jpg P1730564_R.jpg P1730569_R.jpg
ロックアップからリストの取り合い、三原がテイクダウンからレッグロック、タダスケがヘッドロック、三原がロープに振ってショルダーブロック、タダスケがロープに跳ぶとショルダーブロック合戦、三原が倒す。スリーパーからWARスペシャル、タダスケはロープエスケープ。タダスケが首投げからロープに跳んでドロップキック。エルボー、チョップの打ち合いからタダスケがサミング、ボディスラム、レッグドロップ、チンロックで絞め上げるが三原はエスケープ。タダスケがブレーンバスターを狙う、三原が逆に投げる。コーナーに振って串刺しラリアット2連発。ファイヤーマンズキャリーから前に落としてボディプレス。タダスケをコーナーに上げて「キン肉バスター!!」を狙うがタダスケはナックルとニーで阻止、三原の攻撃をコーナーを降りて避けロープに跳ぶ、三原のラリアットをかわしてのラリアットは相打ち。三原はすぐに後ろからラリアット、ロープに跳んでラリアット。セットしてコーナーに上がる、タダスケは中島レフェリーをロープにぶつける、三原はクロッチ。右ストレートから三原を持ち上げリング中央に運んでからチンギー、カウント3。

※オープニングマッチから激しいぶつかり合いで沸かしていた。久々のフライングソーセージが出るかと思ったが、タダスケもさすがにいかせなかった。でも三原が勝つのもあと一歩でしょう。

第2試合 30分1本勝負 ○ブラックバファロー(9分59秒 ラリアット→片エビ固め)×えべっさん
P1730590_R.jpg P1730601_R.jpg P1730609_R.jpg P1730611_R.jpg
ロックアップからえべっさんがロープに押しこむ、クリーンブレイク。バファローがヘッドロック、えべっさんがエスケープするも反則カウント4まで離さず。えべっさんは怒って怒鳴りまくって「わ~れ~!」バファローがラリアット。えべっさん「さすがブラックバファローのラリアット。でもなぁ、今日はそのラリアットへの秘策がなぁ…あったらよかったのにぃ」バファロー「ないんかい!!」でエルボースタッブ。えべっさん「待ってくれ、あんたのラリアットはすごい。でもな今日はもっとすごいやつ呼んでるんや。待っとれ。兄貴~!兄貴~!!」入場ゲートに向かって手を振るが「って言うたら、誰か出て来ると思ったやろ!」バファロー「出てこぉへんのかい!!」でチョップ。そしてチョップの打ち合いからUFO!思わずバファローもうやってしまう。えべっさんを場外に出してイスを手に取ると、えべっさん「そんなもん使っていいって誰に教わったんや!わしの師匠は許さへんかったぞ!わしの師匠はな、身の丈2メートル、得意技は16文キック、口癖はアッポー。わしの師匠の名前はなぁ、パイナップルホンダや!」バファロー「誰やねん!!」イス攻撃。「パイナップルホンダって誰やそれ!!」と叫びながら花道からハンマースルー、リングに滑り込んだえべっさんは「あっつ~!」と言いながら摩擦でこすれたお腹をさする。バファローが足を引っ張って落としてもう一度ハンマースルー、えべっさんはおなかをさする。
P1730624_R.jpg P1730631_R.jpg P1730648_R.jpg P1730655_R.jpg
バファローが高速ブレーンバスターからエルボードロップ。スリーパーからチョーク、テーピングを使っての首絞め。えべっさんが吉野レフェリーに注意していると、後ろからバファローが近づいていく。もう少しのところでえべっさんが振り返って奇声で驚かす、ついでに吉野レフェリーも驚かす。ロープに振るがバファローが切り替えして攻撃、えべっさんはかわしてフライングショルダータックル。コーナーに振って串刺しラリアット、「景気回復!」リバーススプラッシュ。「絶対そこ動くなよ!!」からのダイビングヘッドバットは自爆。バファローがラリアット、えべっさんアップ。ロープに跳んでラリアット、えべっさんアップ。もう一度ロープに跳んでラリアット、えべっさんアップから前のめりに倒れる。カバーを返したえべっさんは上のコスチュームを脱ぎ、コーナースルーから串刺しラリアット、バファローが立ち上がるタイミングでダイビングクロスボディ、しかし自爆。バファローがバックドロップ、返されるとラリアットでカウント3。
えべっさんは脱いだ服を受け取ると腰に巻いて、入場時の空牙のマネをして退場した。

※以前平日に見たこの組み合わせも面白かったが、今回も面白かった。えべっさんのボケにハイテンションで激しく突っ込むバファローがいいコンビになっている。ある意味一番えべっさんの相手を任せられるのはバファローかも。

ここでリングコンディションが悪いということで急遽リング調整に入った。その間に抽選会、乱丸興行の告知、休憩を行った。Mアリでこういうのが起こるとは思ってなかったなぁ…。

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負 小峠篤司&×瀬戸口直貴(10分37秒 ヘデック→片エビ固め)空牙&○HAYATA
P1730680_R.jpg P1730694_R.jpg P1730700_R.jpg P1730705_R.jpg
先発は小峠とHAYATA。リストの取り合いから、小峠がヘッドロック。ブレイクして交代しようとしたときにHAYATAが後ろから襲いかかる。瀬戸口も落として場外戦へ。瀬戸口を戻して空牙がコーナーで唾を吐いた手で顔面をこする。HAYATAと交代。首投げからレッグラリアット。瀬戸口を外に出して空牙がリングの幕で殴打し首絞め、幕をすべて外してリング上の小峠を首絞め。瀬戸口をコーナーに振ってHAYATAの串刺しエルボー、空牙のツバ吐き。HAYATAがムーンサルトプレス。コーナースルーから突っ込むが瀬戸口はキック、ドロップキック。小峠に交代。コーナーに控える空牙にゼロ戦キック、続いてHAYATAにゼロ戦キック、エプロンの空牙をフロントハイキックで落としてトペ・コン・ヒーロ。
P1730716_R.jpg P1730722_R.jpg P1730734_R.jpg P1730739_R.jpg
HAYATAをリングに戻し、瀬戸口がチョップからコーナーに振る、HAYATAが切り返して突っ込むが瀬戸口はロープの間をくぐって避ける。エプロンからHAYATAの腹部にショルダータックル、ロープを飛び越しての回転エビ固め、コブラツイスト。空牙がカット。ダブルでロープに振ってダブルのガットショットからサンドバッグジョーカー。スパインバスターとミサイルキックの合体技。ダブルでロープに振っての攻撃を瀬戸口は交わし空牙をHAYATAにぶつけると小峠がミサイルキック。小峠がロープワークからHAYATAをロープに押し込んで後方に転がしてバズソーキック、リング中央にセットしてコーナーに上がるが空牙がイス攻撃。リングサイドに落ちた小峠にHAYATAは手錠をかけ、北側入り口の手すりに拘束。残された瀬戸口にHAYATAがヘデックでカウント3。

試合後、鍵を使って手錠を外すと小峠はHAYATAに突っかかっていく。

※昨日タッグベルトへの挑戦が決まったHAYATAの前哨戦が始まった。とても気合が入っているのが伝わります。ニューアイテムの手錠(3月のタイガース自主興行で一度使っているが本興行では初)を有効に使ってまずは1勝。

セミファイナル 3WAYマッチ30分1本勝負 ○松山勘十郎(8分44秒 荒川アンダーザブリッジ)×原田大輔 ×くいしんぼう仮面
P1730759_R.jpg P1730770_R.jpg P1730776_R.jpg
P1730782_R.jpg P1730796_R.jpg P1730814_R.jpg
くいしんぼうと原田が握手、勘十郎とはせず。原田と勘十郎がバックの取り合い、途中からくいしんぼうが入り原田の左腕を取ると勘十郎も右腕を取り扇のポーズ。北側にも向きを変えて見せる。勘十郎がフォール、くいしんぼうがカットしてフォール、勘十郎がカット。原田と勘十郎がチョップの打ち合い、しかし勘十郎のを原田はすべて防御すると、勘十郎は受けろと指示。再び打ち合いから原田がロープに跳ぶが勘十郎はアームドラッグ。くいしんぼうが入ってきてチョップを打つが勘十郎「それはもう終わった」とガットショットからロープに振る、くいしんぼうが切り返して勘十郎はロープワークから転倒。くいしんぼうがコーナーに振る、勘十郎が切り返して突っ込むがくいしんぼうはかわしてトーマスフレアーから欽ちゃんジャンプ。勘十郎が腕をとってロープ渡りからアームホイップ。くいしんぼうが原田にうまか棒、当たらない。チョップ連打するが原田にエルボーを一発返されロープにダラーンともたれる。もう一度チョップ、原田のエルボーでダラーン。ロープに振ってフロントスープレックス、勘十郎がハリセンでカット。ロープに振ってのハリセン攻撃はよけられ、逆に原田がハリセン攻撃。ビンタ合戦は途中原田が思い切り吹き出してしまうが原田の勝ち。ついでにくいしんぼうも勘十郎にビンタ連打。走ってきた原田をくいしんぼうはロープを下げて場外に出す。勘十郎は醒から十六夜清心、くいしんぼうもラ・ケブラーダ。くいしんぼうは勘十郎をコーナーに上げて雪崩式フランケンシュタイナー。原田がくいしんぼうをファイヤーマンズキャリーで担ぐと近づいた勘十郎に振り回して足をぶつける、そしてデスバレー。くいしんぼうが逆さ押さえ込みを仕掛けるが原田も耐える、横から勘十郎が押し倒して荒川アンダーザブリッジでダブルフォール勝ち。

※大阪の楽しい3way。良い意味でいつもどおりで面白かった。

メインイベント 8人タッグマッチ60分1本勝負 ファイヤー・アント&グリーン・アント&×アルティメット・スパイダーJr&タコヤキーダー(19分35秒 スピニング・バックフィスト→片エビ固め)秀吉&政宗&○エディ・キングストン&ヲロチ
P1730816_R.jpg P1730826_R.jpg P1730830_R.jpg P1730832_R.jpg
スパイダーとタコヤキはコロニー仕様のオーバーマスク(タコヤキのがファイヤーの借り物に対してスパイダーのはオリジナル)を着用してコロニートレインで入場。エディは渋々ボディチェックを受けるとセコンドのタダスケが着ているJOKERTシャツになぜか噛み付く。
P1730855_R.jpg P1730864_R.jpg P1730883_R.jpg
P1730896_R.jpg P1730904_R.jpg P1730910_R.jpg
先発はグリーンと政宗。グリーンがリストを取ってグラウンドに倒して極める、政宗が立ち上がるとグリーンはフルネルソンから首を極める、政宗が切り返してリストを取って投げてエビに固める。政宗ロープに振ってリープフロッグ、更に走らせ入ってきた秀吉がスパインバスター、身体を反転させると秀吉が急所にドロップキック。入ってきたファイヤーを秀吉がサイドバスターで捕まえ政宗が斬首。秀吉がコーナーに振って串刺し攻撃、ファイヤーはキックで迎撃してアームドラッグ、ヘッドシザーズホイップ。入ってきたエディとヲロチがスパイダーとタコヤキを対角線上に振る、タコスパは切り返して逆にぶつけてロープに振る、エディとヲロチが切り返しての攻撃をかわしてドロップキック、エディは食らうがヲロチはすかす。エディが立ち上がった所でタコスパが再度ドロップキック。タコヤキが政宗に首投げからストンピング、タコスパがサンドイッチドロップキック。スパイダーがボディスラムからカバー。ファイヤーに交代。ファイヤーがブレーンバスター、落下地点でグリーンのアトミックドロップ、ファイヤーがドロップキック、グリーンが押さえこむ。リバースインディアンデスロックの様に政宗の足を折りたたんのアンクルホールド。スパイダーに交代。スパイダーがエルボー連打からロープに跳ぶがヲロチがエプロンからキック。場外戦でヲロチとタダスケがファイヤーとスパイダーにチョーク攻撃、エディはグリーンの触角を掴んでイスにぶつける。
P1730915_R.jpg P1730925_R.jpg P1730942_R.jpg
P1730945_R.jpg P1730956_R.jpg P1730966_R.jpg
ファイヤーとヲロチがエルボーの打ち合い、ヲロチがタダスケから殺虫スプレーを受け取りファイヤーの顔面に噴射、入ってきたスパイダーにも噴射、両者とも死にかける。タコヤキにも噴射するがタコは虫じゃないので効かない。ファイヤーを押さえ込むが2で返す、生還。秀吉とヲロチがダブルのヒップトスで持ち上げ更に高く上げてからたたき落とす。倒れたファイヤーの側頭部へドロップキック4連続。秀吉がヘッドロック、ファイヤーは腹部へエルボーを打ち込むが秀吉はバックブリーカー。チェーンを巻きつけたコーナーにぶつける。政宗に交代。背中へのキックでロープ際に追いやるとエディとヲロチがロープやチェーンを使って首への攻撃。エディに交代。四つん這いのファイヤーに外道クラッチ。タックルでコーナーにぶつける。政宗に交代。コーナーで踏みつけ、両脚をロープにかけて股間へニー。エディが入り変形のフロントスープレックス。もう一度狙うが、ファイヤーは背中へのエルボーからスイングDDT。しかしエディがこらえてコーナーにのせて突っ込む、ファイヤーはキックで迎撃してダイビングクロスボディ、ドロップキック。
P1730973_R.jpg P1730974_R.jpg P1730988_R.jpg
P1740007_R.jpg P1740021_R.jpg P1740032_R.jpg
スパイダーに交代。ミサイルキック、入った秀吉にタコヤキが一撃必殺、政宗にタコスパがダブルのドロップキック、ヲロチにスパイダーがドロップキック。スパイダーが助走をつけてのトルニージョ、グリーンがコーナープランチャ。グリーンは政宗にテキサスクローバーホールドを狙うが政宗は下から脚を取って骨喰。グリーンは下から突き上げるようにキック、ブルドッキングヘッドロックからテキサスクローバーホールド、秀吉とヲロチがカット。グリーンは秀吉をドロップキック、ヲロチに串刺しエルボー、ファイヤーと肩を組んで秀吉にダブルのアントキック。ヲロチがファイヤーにブレーンバスターで持ち上げる、グリーンがカットしてファイヤーの脚を取って振り回してファイヤーがスイングDDT。秀吉をロープに振る、秀吉は攻撃をカットしてダブルラリアット。タコヤキがエディにタコヤキック、タコヤキボトム狙いは逆にスープレックスをくらう。スパイダーがダイヤモンドカッター。政宗がカットに入るとタコヤキがトラースキック、ファイヤー&グリーン&スパイダーによるアントヒル。JOKERが全員でカットに入るとコロニー&タコスパは分断してから政宗へ串刺しトレイン、最後のスパイダーが避けられるとJOKERが串刺しトレイン、ヲロチがリバースブレーンバスター、秀吉&エディのフェイスクラッシャー、政宗のフラットライナー、エディとスパイダーのエルボーの打ち合いからエディが裏投げ、立ち上がった所にスピニング・バックフィストを叩きこんでカウント3。
P1740034_R.jpg P1740037_R.jpg P1740038_R.jpg
P1740043_R.jpg P1740050_R.jpg P1740056_R.jpg
勝利を収めたエディは再びタダスケのTシャツに噛み付き、JOKERポーズ。リングを降りると秀吉のチェーンを首に巻き、自身のしていたベルトを口に咥えて退場。リング上に倒れたままのスパイダーはウェブを使って何とか立ち上がる。スパイダーがマイクを取り明日がCHIKARA勢の大阪参戦最終日になるので、メインでタッグを組むファイヤーとグリーンにスパイダーダンスを踊ろうと提案。ファイヤーがマイクを奪い取り"Yes!!"グリーンも驚きつつ了承した様子。スパイダーがマイクを受け取り翌日組まないタコヤキをフォローしつつ、明日のダンスと試合に期待してくださいと言って締めた。

※8人タッグということでゴチャゴチャするかもと心配したが、両チームともチームワークがよくて連携を多く出て非常に面白かった。大阪勢とCHIKARA勢とのコンビネーションも出たし、私がやってほしいなと思っていたスパイダーがソルジャーアントの代わりとなってのコロニーの合体技も出て大満足だ。エディもすっかりJOKERに馴染んだようでラフにも不自然さが感じられなくなってきた、Tシャツを噛んだりベルトを咥えたりというのは謎ですが。

※ビリーの欠場でカードが変わったり、リング調整で休憩が早まったりとイレギュラーなことが多かったですが満足できる興行でした。明日はいよいよCHIKARA参戦最終日。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/52-66994bbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

プロフィール

shikamasa

Author:shikamasa
プロレス好きの男

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。