Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/48-b3ef77a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年9月19日 大阪ホリデーパラダイス

P1700374_R.jpg P1700378_R.jpg
3連休の最終日のホリパラを観戦してきた。観衆96人で1階指定席も空席が目立って寂しかった。

興行開始前に前日の試合で右肘を剥離骨折したゼウスが欠場の挨拶に登場、右腕は包帯でグルグル巻きにしている。金曜日のIMPホール大会には復帰するとのこと。

入場式
P1700381_R.jpg P1700383_R.jpg
正規軍、ユニーク軍団の面々が登場。代表挨拶は瀬戸口。初観戦、遠方からの観客が多い。瀬戸口の「どちらから来られましたか?」の質問に客「大分」瀬「大分!?湯布院で有名な!」客「岡山」瀬「岡山!?桃太郎で有名な!」客「東京」瀬「東京!?東京ですか!」(他の選手に「何で有名なん?」と突っ込まれて)「花の都、大東京!」客「埼玉」瀬「埼玉!?さいたまスーパーアリーナで有名な!」

第1試合 20分1本勝負 ×タコヤキーダー(6分53秒 刀狩)○秀吉
P1700416_R.jpg P1700433_R.jpg P1700457_R.jpg
P1700483_R.jpg P1700497_R.jpg P1700530_R.jpg
ロックアップからチョップの打ち合い、タコヤキがガットショットからヘッドロック。秀吉がロープにふると見せかけてマスクを掴んでヘッドロック、ロープに振ってショルダーブロック。ロープワークからタコヤキがアームドラッグ狙い、秀吉が踏ん張るとタコヤキはキック、ロープに走ると秀吉のキックをかわしてドロップキック。場外に出た秀吉は十分に時間を使ってからリングインするとタコヤキがアームドラッグから腕を固める。秀吉は極められたままコーナーに押し込んで顔面を掻きむしる。ロープに押し出して腰にキック。シュミット式バックブリーカーから押さえ込み。タコヤキがチョップを連発、秀吉は逆水平一発で倒す。腰への攻撃からサイドバスター。タコヤキがロープに走ってダブルニーアタック。場外に出た秀吉にスライディングキック。秀吉をリングに戻してタコヤキが一撃必殺。タコヤキボトムを狙うが秀吉は堪えてバッククラッカー。さらにロックボトムの形で自分のヒザに落とす。タコヤキが立ち上がるのを待って秀吉は走りこんでの二段蹴り、タコヤキがかわして串刺しエルボー、かわした秀吉がエプロンに出たタコヤキをロープの間から引っ張り込み側頭部へフロントキック。リング中央でのペディグリーから刀狩でタコヤキはギブアップ。

※可もなく不可もなく。オープニングマッチだしレスリングやってほしかったな、それこそタコヤキが引き込むくらいの気概を見せてほしかった。あと、場外にでた秀吉が妙に客席の子供に興味を示してたというか睨んでたというか、どっちかはわからんが気になった。

第2試合 タッグマッチ30分1本勝負 ビリーケン・キッド&×三原一晃(9分21秒 アメノムラクモ→体固め)空牙&○ヲロチ
P1700560_R.jpg P1700565_R.jpg P1700601_R.jpg
P1700623_R.jpg P1700648_R.jpg P1700657_R.jpg
JOKERのボディチェックが終わるとヲロチがビリーに襲いかかって試合開始。ロープに押し込んでの踏みつけ、チョーク攻撃、ロープにふってマンハッタンドロップ。再度ロープに振るがビリーが切り返してハンマースルー、アームドラッグからエスペランサ、空牙がカット。ダブルのハンマースルーからの攻撃をビリーはかわしてドロップキック、さらにプランチャで追撃。三原と空牙がチョップの打ち合い、空牙から組んでいくが、三原は切り返してガットショットからロープに走る、しかしヲロチが足を引っ張る。入ってきたビリーも空牙が場外に出して場外戦へ。花道でビリーと三原をぶつけるとヲロチが観客の傘を使ってビリーに攻撃。三原をリングに戻すとダブルのショルダーブロック。三原がヲロチにチョップ連打、ヲロチは逆水平、と見せかけてサミング。ダブルのコーナースルーからヲロチが串刺しバックエルボー、空牙は唾吐き。空牙が手に唾を吐いて三原の顔面にこすりつける。ヲロチがリバースインディアンデスロックで固めて両腕をとって持ち上げてリングに叩きつける。さらにセントーン。コーナースルーから突っ込むが三原はキック、ヲロチはキャッチして防ぎロープに走ると三原がラリアット。ビリーと交代。
ヲロチにドロップキック、空牙がコーナースルーから突っ込むとビリーはかわしてハイキック。ビリンコバスターを狙うがヲロチが後ろから阻止してパワーボムの体勢に、ビリーはパンチ連打からヘッドシザーズホイップ。コーナーからのトペ・コン・ヒーロは空牙が阻止。入ってきた三原が空牙がコーナースルー、串刺しラリアット2連発。リング中央にセットしてボディプレス。ビリーがヲロチに切り返しながらのラリアット、かわされるとヲロチに同じ技を仕掛けられる。ヲロチがパワーボムの体勢、ビリー耐えてリバーススープレックス。今度はビリーがパワーボム狙い、こらえたヲロチが抱え上げてコウモリ吊り落とし。三原がエルボー連打、ロープに走るが空牙がイス攻撃。ダブルのコーナースルーからガットショット、サンドバックジョーカー、オオソトジョーカー。ビリーがカットに入ると空牙がビリーをコーナーに押し込んで分断。ヲロチは三原にアメノムラクモを狙うが体勢が崩れると背中にパンチを打ち込んでから再度アメノムラクモでマットに突き刺しビリーに視線を送りながら押さえ込みカウント3。

※ビリーの要望でバファローと交代してヲロチとの前哨戦に。ヲロチも奇襲からビリー狙い、三原を痛ぶっていても時折控えているビリーに視線を送ったりと意識した試合。フィニッシュも見せつけるようにアメノムラクモを炸裂させた、しかし三原相手にこの技をきめるのはかなりきつかったようだ。一度は落とす前に崩れてしまい、二度目も危険な落とし方になってた。三原は後半戦でセコンドとして出てきていたので安心したが重量級相手にアメノムラクモは止めとくべきかも。

第3試合 30分1本勝負 ○アルティメット・スパイダーJr(9分49秒 ジャックナイフ固め)×えべっさん
P1700820_R.jpg P1700831_R.jpg P1700841_R.jpg P1700847_R.jpg
P1700857_R.jpg P1700873_R.jpg P1700891_R.jpg P1700905_R.jpg
ロックアップからえべっさんがリストを取る。スパイダーが取り返してひねるとえべっさんは奇声を発する。えべっさんが前転から切り返すが自らひねってしまう。前転からロープエスケープ。吉野レフェリーが前転したから痛くないことを突っ込まれる。ロックアップからえべっさんがヘッドロック。スパイダーがロープに振るとえべっさんがショルダーブロック。ロープワークからスパイダーがドロップキック。スパイダー”I’m USJ!”えべっさんがキック。「何がUSJや。お前みたいなもんはなぁ、You are UFJ!」スパイダー”No, UFJ! I’m USJ! Mitsubishi Sumitomo USJ bank, No!”えべっさんがガットショット「何がUSJや。お前みたいなもんはなぁ、You are UCC!」スパイダー、笑いをこらえながら”No,UCC! I’m USJ! Ueshima Coffee Corporation, No!”えべっさんが再びガットショット「やかましいわい。お前みたいなもんはなぁ、You are USJ!」スパイダー”No,USJ! I’m USJ…合ってる!! ”えべっさんがコーナーに押し込んで踏みつけ。吉野レフェリーがカウントを取る。吉野「反則やろ」えべっさん「えっ、嘘!」吉野「知ってるやろ!」スパイダーが吉野レフェリーの腕を捻って奇声をあげさせる。えべっさんがフライングメイヤーからチョーク攻撃。吉野「反則やろ」えべっさん「知ってるさ」吉野「格好つけんな!」スパイダーが吉野レフェリーの腕を捻って奇声をあげさせる。えべっさんのチョップを受けて気合を見せるスパイダー。えべっさんもチョップを受けて気合を見せるが首を捻ってしまう。スパイダーがセットして前転式ボディプレス。コーナースルーから串刺しエルボー、スパイダーウェブを使ってスパイダーピストル。ハンマースルーをえべっさんが切り返してロープにふる、ショルダースルー狙いにスパイダーが蹴り上げる。スパイダーがロープに飛ぶとえべっさんは水車落とし。ボディスラムでセットして「絶対そこ動くなよ!」からコーナーへ。立ち上がったスパイダーに怒鳴り散らし同じ場所に戻すとダイビングボディプレス、しかし自爆。もう一度ボディスラムでセットして「絶対そこ動くなよ!」からコーナーへ。スパイダーは立ち上がってコーナーに上るとえべっさんは再び怒鳴り散らして「わ~れ~!」でリング下に落としてダイビングヘッドバット、今度は命中。ジャーマン宣言からバックを取る、しかしグリップがすっぽ抜けてえべっさんのみマットに倒れる。すかさずスパイダーがジャックナイフ固めでカウント3。

※試合前から吉野レフェリーに突っ込まれていた通り、えべっさんによる無策な展開で進んでいく。でもこの自由な感じが好きです。コーナーでの「わ~れ~!」とすっぽ抜けジャーマンはネタおろしかな。

セミファイナル 6人タッグマッチ30分1本勝負 タイガースマスク&原田大輔&×瀬戸口直貴(14分25秒 ヘデック→片エビ固め)タダスケ&政宗&○HAYATA
P1700934_R.jpg P1700939_R.jpg P1700965_R.jpg
P1700983_R.jpg P1710001_R.jpg P1710004_R.jpg
JOKERの奇襲から試合開始。リングに残った原田とタダスケがショルダーブロックからエルボーと逆水平の打ち合い、タダスケロープに振っての攻撃は原田が避けてランニングエルボー。瀬戸口と政宗が入ると政宗がヘッドロック、瀬戸口がロープに振ろうとするも政宗は耳をつかんで離さず再びヘッドロック。瀬戸口がロープに振るが政宗はショルダーブロック、ロープワークを瀬戸口がドロップキックで迎撃。タイガースとHAYATAが入りHAYATAがエルボー、顔面かきむしり、ロープに走るがタイガースはドロップキック。コーナースルーからハイキック。原田に交代。HAYATAにハンマースルーからバックエルボー。瀬戸口に交代。ダブルアックスハンドル、フライングメイヤーから背中へのドロップキック、タイガースに交代。トリプルのコーナースルーからタイガースが突っ込むがHAYATAはかわして瀬戸口に攻撃、原田がハンマースルー、HAYATAはハンドスプリングキック、タイガースのキックをキャッチして延髄斬り。場外戦でタダスケが瀬戸口に花道を走り抜けてのビッグブーツ。瀬戸口をリングに入れてコーナースルーからHAYATAの串刺しエルボー、政宗の串刺しエルボー、タダスケの串刺しバックエルボー。瀬戸口が逆水平を連発するがタダスケは逆水平1発で返す。ロープ際にセットして政宗がトペ・アトミコ。「このハゲ!」と挑発しながらボディスラム連発。代わったHAYATAはフライングメイヤーから低空レッグラリアット。タダスケに交代。ボディスラムからセントーン、逆片エビ固め。瀬戸口ロープエスケープ。HAYATAに交代。瀬戸口が懸命に反撃するがHAYATAは顔面かきむしり、ロープに走ると瀬戸口がドロップキック。原田に交代。
P1710006_R.jpg P1710018_R.jpg P1710026_R.jpg P1710049_R.jpg
P1710055_R.jpg P1710069_R.jpg P1710074_R.jpg P1710078_R.jpg
HAYATA、政宗、タダスケを連続でフロントスープレックス。政宗をコーナースルーして串刺しエルボー、セカンドコーナーからのフットスタンプ。原田がハンマースルー、政宗は回転エビ固めから骨喰。原田は切り替えしてアンクルホールド、バックドロップ。タイガースとタダスケが入り、タダスケが逆水平、タイガースがすべて受け止めると後ろ手を組んでタイガースのミドルキックを受け止める。打ち合いになってタダスケがコーナーに押しこんでコーナースルー、突っ込んでいくがタイガースかわしてハイキック。投げっぱなしジャーマンから満月の夜をタダスケは回避して背中へ攻撃、タイガースのハイキックをかわしてロープに飛んでラリアット。パワーボムを狙うが瀬戸口が入ってきてドロップキック、HAYATAに逆水平、ハンマースルーからドロップキック。HAYATAがソバットからハンマースルー、瀬戸口は攻撃をかわしてコブラツイスト。エスケープ目前で瀬戸口はリリースしてブレーンバスター。HAYATAが顔面かきむしりからコーナースルー、瀬戸口が切り返してコーナーにふるとタイガースがエプロンからハイキック。原田がスピア、政宗をハンマースルー、政宗はかわしてフライングフォアアーム、タイガースがランニングエルボー、タダスケがサイドバスター、瀬戸口がドロップキック、HAYATAが延髄斬り、政宗が希首座、タダスケがチンギー。タダスケと政宗がHAYATAに託すとHAYATAはヘデック、カウント3。

※熱戦でした。6人とも動きが良くて持ち味出せてたので誰一人霞むことがなかった。ラストを瀬戸口とHAYATAに託せるのは彼らが成長している証拠。瀬戸口はまだまだだがHAYATAはもう少しでトップを食ってしまえそう、ヘデックの説得力も増してきている気がします。原田のアンクルホールドは初めて見たけど、それ以上に興味深かったのはアンクルからバックドロップへの移行。佐藤光留や華名が見せるのは足を持って引き込んでから投げるが、原田は体を上手く近づけて捕まえ投げるという感じ。細かいところだけど面白く感じた。

メインイベント タッグマッチ60分1本勝負 ○小峠篤司&○ブラックバファロー(0分16秒 ダブルフォール) ×松山勘十郎&×くいしんぼう仮面
P1710091_R.jpg P1710093_R.jpg P1710098_R.jpg
P1710099_R.jpg P1710103_R.jpg P1710104_R.jpg
リングインして早速マイクを持つ勘十郎。ユニーク軍団の二人が正規軍の実力者とやって勝てるわけがないと思われているだろうから、今回は勝ちに徹するために奇襲作戦を決行する、とのこと。バファローと小峠がリングインすると宣言通り襲いかかる。コーナースルーで二人をぶつけると、トドメをさそうとするがバファローのラリアット、小峠のトラースキックに沈みダブルフォール。
勘十郎が無礼を謝って再試合を要求。バファローは同じ仲間なのに奇襲するなんてと冷たくあしらうと、勘十郎はすいませんの目白押し。バファローもすいませんの目白押しに免じて再試合をすることに。

再試合 ○小峠篤司&○ブラックバファロー(7分34秒 結局ダブルフォール)×松山勘十郎&×くいしんぼう仮面
P1710108_R.jpg P1710111_R.jpg P1710114_R.jpg
P1710116_R.jpg P1710123_R.jpg P1710132_R.jpg
リングに入ったところをユニーク軍団は再び奇襲。コーナースルーで二人をぶつけると、トドメをさそうとするがバファローのラリアット、小峠のトラースキックを食らう、しかしカウント2。勘十郎はバファローの腕をとってロープ渡り。くいしんぼうが小峠をコーナースルー、小峠は切り返して突っ込むもくいしんぼうはかわしてトーマスフレアから欽ちゃんジャンプ。小峠とバファローがリングを降りて奇襲したことに文句を言う。勘十郎とくいしんぼうはロープを上げて入るように促す。戻ろうとロープをまたいだ時に急所にロープ攻撃。さらに小峠をトップロープにのせてロープを揺らす。勘十郎「お前のは大きいから痛くないだろう」勘十郎が電気アンマ。くいしんぼうが小峠を起こして正面から急所蹴り、コーナーに押しこみ吉野レフェリーの目の前で急所蹴り。
P1710138_R.jpg P1710160_R.jpg P1710169_R.jpg
P1710171_R.jpg P1710176_R.jpg P1710180_R.jpg
ナックルからロープに振るが小峠がゼロ戦キック、スワンダイブ式ボディプレス。勘十郎がハリセンでカット。バファローをロープに振ってのハリセン攻撃はかわされ逆に一発食らう。ビンタ合戦からバファローがハンマースルー、勘十郎が醒。ヘッドロックからの衝突は全員カウント2。小峠とバファローが場外に出たところへ勘十郎が十六夜清心、くいしんぼうがラ・ケブラーダ。バファローをコーナースルー、くいしんぼうが串刺しバックエルボー、勘十郎が「松山勘十郎、85キロ!」スペースローリングエルボー。くいしんぼうが雪崩式フランケンシュタイナー。ダブルのハンマースルーからの攻撃はバファローがちぎってラリアット。小峠がくいしんぼうにトラースキックからムーンサルトプレス。勘十郎がカット。コーナースルーで勘十郎とくいしんぼうをぶつけてバックをとるが、急所蹴りを食らう。勝利を確信してロープに飛ぶが、バファローのラリアットと小峠のトラースキックに沈み結局ダブルフォールでカウント3。
P1710182_R.jpg P1710186_R.jpg P1710187_R.jpg
勘十郎がマイクを取って奇襲、急所攻撃、ハリセン攻撃などの反則攻撃を謝罪。しかし、一番大事なのはお客さんに楽しんでもらうことだ、と。

※ユニーク軍団の奇襲作戦から始まりあっさり負けると、泣きのもう一試合でも奇襲から始まり、急所攻撃やハリセン攻撃で攻め込むが最後は同じ負け方に。強さを見せると言っていたのとは真逆のユニークマッチに。しかし、試合前のマイクで勝ちにいく姿勢を見せることでコチラ側もちょっと見方が変わり緊張感持って観戦してたかもしれないし、試合後のマイクでもいい着地点に丸く収めてたきがする。そんな勘十郎のマイク巧者っぷりも発揮された試合でした。

※興行時間は約2時間、夜興行にOSAKA女子プロレスがあることもあってか短めでした。試合全般に関していうことは特にないのですが、気づいたことをひとつ。それは指定席の席番を示すシールが剥がれている席が多いということ。私は南側の指定席で観戦したのだが、南側最前列のうち8割は席番シールが剥がれていた。シールの貼ってある席を参考に座ったがどうやら他の人の席だったらしく、係員に場所の確認をしてもらったら先ほどのシールの貼ってある席を指示された。つまり席番も示せてない上に正しく並んでないのだ。お客さん困らせてどうするの!そんなところでケチケチするな!と言いたい。以上!

おまけ
試合後、初めてヤマダモンゴルでのイベントに参加しました。タイガース、小峠、原田と俺得なメンバーでした。
P1710191_R.jpg P1710201_R.jpg P1710202_R.jpg

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/48-b3ef77a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

プロフィール

shikamasa

Author:shikamasa
プロレス好きの男

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。