Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/31-35bc5661

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年4月3日、9日、10日 大阪プロレス12周年記念6人タッグトーナメント

P1420511_R.jpg
大阪プロレスは4月29日で旗揚げしてようやく一回りする。それを記念して6人タッグのトーナメントが初めて行われた。先シリーズの最終戦で開催とともに発表されたのが優勝チームにはIMPホールで行われる12周年記念興行のマッチメーク権が与えられること。正規軍、LOV、JOKER、そしてユニーク軍団から計8チームで争われた。

3日
入場式
P1420229_R.jpg
試合のなかったフラッシュムーン以外の全選手が参加。選手宣誓は瀬戸口。

セミファイナル 一回戦 ゼウス&The Bodyguard&×冨宅飛駈(5分45秒 スズメバチ→片エビ固め)○空牙&タダスケ&HAYATA
P1420512_R.jpg P1420524_R.jpg P1420531_R.jpg P1420539_R.jpg
P1420549_R.jpg P1420561_R.jpg P1420563_R.jpg P1420569_R.jpg
JOKERの奇襲で試合開始。冨宅が捕まってしまうが、交代して出てきたビッグガンズは自慢のパワーで挽回。冨宅も空牙をキックやチキンウィングフェイスロックなどで攻撃。しかし冨宅の攻撃がゼウスに誤爆、ここで流れがJOKERに変わるとビッグガンズを分断しスズメバチで勝利。冨宅さんがあっさりやられてしまったのは意外。

メインイベント 一回戦 ツバサ&ミラクルマン&○アルティメット・スパイダーJr(20分51秒 飛びつき式回転エビ固め)ヲロチ&秀吉&×政宗
P1420573_R.jpg P1420635_R.jpg P1420662_R.jpg P1420677_R.jpg
P1420698_R.jpg P1420706_R.jpg P1420721_R.jpg P1420735_R.jpg
P1420746_R.jpg P1420751_R.jpg P1420766_R.jpg P1420775_R.jpg
全員マスクマンできらびやかな面々。序盤は正規軍が連携を見せながら優位に進める。場外戦からキャリアの劣るスパイダーが捕まる。しかしスパイダーアップが発動で逆転するとそこからはめまぐるしく展開。華麗な空中戦、正規軍のファルコンアロー三重奏も飛び出した。しかし徐々にJOKERが優勢になりミラクル、ツバサを排除してスパイダーにラッシュをかける。ヲロチと秀吉がロープに走るとミラクルマンはロープを下げて場外に落とすと、残った政宗にスパイダーはカサドーラで丸めこみ、ツバサも押さえ込みをサポートで勝利。

9日
セミファイナル 一回戦 小峠篤司&○原田大輔&タコヤキーダー(17分17秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)×松山勘十郎&くいしんぼう仮面&えべっさん
P1430098_R.jpg P1430136_R.jpg P1430168_R.jpg P1430179_R.jpg
P1430206_R.jpg P1430230_R.jpg P1430254_R.jpg P1430265_R.jpg
P1430268_R.jpg P1430273_R.jpg P1430278_R.jpg P1430296_R.jpg
どちらも元UWA6人タッグ選手権王者の闘い。ユニーク軍団はいつものようにお菓子をもらいお賽銭をもらって入場。試合はユニーク軍団が普段見せないどシリアススタイルで引けを取らない。特にえべっさんは初っ端から上を脱いで原田と100発を超えるだろうチョップ合戦で白い胸が赤を通り越してどす黒くなった。くいしんぼうはキラーモード、勘十郎も普段見せないジャベを出す。終盤に勘十郎がタコヤキに串刺し側転エルボーから陣太鼓、さらに猛虎原爆固めを狙う。耐えるタコヤキにくいしんぼうがラリアット、しかし後ろの勘十郎に誤爆。三人での攻撃で追い込んでのタコヤキボトムはカットが間に合う。勘十郎は原田とのエルボーの打ち合いからロープに走るが、そこに原田はヒップトスからニーアッパー、そして高々と持ち上げるジャーマンの必勝パターンで勝利。今回のトーナメントで決勝以外でオススメを聞かれればこの試合を選びますね。

メインイベント 一回戦 ビリーケン・キッド&×ユタカ&フラッシュムーン(19分14秒 スクールボーイ)タイガースマスク&○ブラックバファロー&瀬戸口直貴
P1430305_R.jpg P1430328_R.jpg P1430359_R.jpg P1430380_R.jpg
P1430391_R.jpg P1430403_R.jpg P1430410_R.jpg P1430428_R.jpg
P1430448_R.jpg P1430462_R.jpg P1430480_R.jpg P1430485_R.jpg
P1430513_R.jpg P1430534_R.jpg P1430548_R.jpg P1430553_R.jpg
ビリーとタイガースが先発で出るとMアリ内が張り詰めた雰囲気になる。フラッシュとバファローに続いてユタカと瀬戸口のマッチアップで瀬戸口が捕まる。ブレーンバスターとドロップキックで逃れタイガースと交代。一気に攻めこんで場外に出してトペコン。ビリー組も反撃してフラッシュのトペコン&ビリーのお座りトペコン。一進一退の攻防からバファローが捕まりだし、即席タッグながらも連携を次々に出す。さらにビリーがランニングコウモリ吊り落とし、そしてベルティゴを炸裂させるがタイガースがカット。ユタカをタイガースがカサドーラで丸めこもうとするがユタカはそれを潰す。しかしその後ろからバファローがスクールボーイで丸めこんでカウント3。意表を突かれたが、流石のタクティカル・バイオレンスというところを見せた。
P1430556_R.jpg P1430562_R.jpg P1430566_R.jpg
試合後、タイガースが観客とコール&レスポンスをするために瀬戸口で手本的なものを見せようとしたのだがなんかぐだぐだ。しかし「やってやれない!」「ことはない!」「やらずにできる!」「わけがない!」のコール&レスポンスを3回繰り返してばっちり〆た。

10日
第1試合 準決勝戦 小峠篤司&原田大輔&×タコヤキーダー(14分23秒 スモールパッケージホールド)○タイガースマスク&ブラックバファロー&瀬戸口直貴
P1430571_R.jpg P1430589_R.jpg P1430606_R.jpg P1430614_R.jpg
P1430630_R.jpg P1430635_R.jpg P1430651_R.jpg P1430683_R.jpg
P1430695_R.jpg P1430699_R.jpg P1430716_R.jpg P1430726_R.jpg
まず捕まったのは怪我を抱える瀬戸口。交代したバファローはラリアット連発でなぎ倒す。しかしコーナーでハーフダウンになったバファローへ原田が走ってきたタイガースをカウンターのフロントスープレックスでぶつけたときにバファローが右腕を負傷。LOVは2対3での試合を強いられる。瀬戸口が肩を上げ続ければタイガースも投げる蹴る。タコヤキがタイガースに一撃必殺!、タコヤキックと攻め込み、タコヤキボトムで終わらせようと持ち上げたところをタイガースが小包固めでカウント3。桃の青春と丑寅がいるのでいい試合展開。LOVは勝利したものの決勝戦に不安をのぞかせた。

第2試合 準決勝戦 ×ツバサ&ミラクルマン&アルティメット・スパイダーJr(11分58秒 前方回転エビ固め)空牙&タダスケ&○HAYATA
P1430731_R.jpg P1430749_R.jpg P1430760_R.jpg P1430763_R.jpg
P1430771_R.jpg P1430777_R.jpg P1430785_R.jpg P1430796_R.jpg
P1430806_R.jpg P1430817_R.jpg P1430825_R.jpg P1430831_R.jpg
ツバサ組が奇襲で開始。空牙には串刺しトレイン、HAYATAにはツバサのープワークからの攻撃と前転で入る吊り天井固め。タダスケが流れを変えて場外戦。ミラクルをラフ殺法で痛めつける。お株を奪う急所攻撃で抜けだすが今度はスパイダーが捕まる。耐えぬいた末に、HAYATAに追走式ロープワークからXファクター。空牙とタダスケにドロップキックで脱出。ツバサがHAYATAのムーンサルトを受け止めてのカンパーナ、ファルコンアロー、抱え込み落としと猛攻。しかしバックをとるとHAYATAは急所蹴り、そこから丸め込んでカウント3。まさかまさかのHAYATAがツバサからの勝利。

メインイベント 優勝決定戦 ○タイガースマスク&ブラックバファロー&瀬戸口直貴(13分51秒 タイガース・スープレックス・ホールド)空牙&タダスケ&×HAYATA
P1440109_R.jpg P1440114_R.jpg P1440115_R.jpg
P1440118_R.jpg P1440124_R.jpg P1440131_R.jpg P1440138_R.jpg
P1440153_R.jpg P1440168_R.jpg P1440175_R.jpg P1440187_R.jpg
P1440193_R.jpg P1440200_R.jpg P1440216_R.jpg P1440226_R.jpg
HAYATAは新しい黒のガウンを着用してリングイン、1本とったことで格が上がったのか?JOKERが場外戦からリズムを作り、政宗にレフェリーの気を引かせて3人で攻撃。入ってきたタイガースにはイス攻撃からフルスイングジョーカー。バファローの負傷した右腕をラフ交えて攻め込む。HAYATAのムーンサルトは剣山で防御するが、空牙のタワースタンプからのクーガーロック2号で右腕を絞り上げられる。タダスケの串刺し攻撃をタイガースがエプロンからハイキックで迎撃。タイガースが無双っぷりを発揮。最近見せる投げっぱなしジャーマンから満月の夜のコンビネーションはその象徴。瀬戸口も遅れを取らず戦う。しかしコンビネーションジョーカーが次々決まり追い詰められるLOV。終盤タダスケがタイガースにラストライドを仕掛けるがタイガースは踏ん張る。そこにバファローがタダスケの後方からロープに走って右腕でラリアット。HAYATAが急所蹴りから丸めこむが肩を上げたタイガースはジャーマンを決めるがHAYATAも肩を上げる。ならばとタイガースは必殺のタイガース・スープレックス・ホールドでカウント3。大盛り上がり。

P1440234_R.jpg P1440240_R.jpg P1440245_R.jpg P1440258_R.jpg
試合後、バファローは涙ぐみながら瀬戸口とタイガースに感謝の言葉。IMPのマッチメーク権に触れると、第1試合からセミファイナルまでは会社に任せるが、メインだけは決めさせてくれ、と。そのカードは空牙対タイガースマスクの大阪プロレス選手権試合。タイガースは12周年にふさわしい試合をして勝利することを約束し、それに続けてIMP大会でLOVの解散を発表。今のLOVはもう賞味期限が切れている、そして3人ではJOKERに太刀打ちできないという理由でタイガースとバファローが相談して決めたことらしい。どうやら瀬戸口は初耳らしい。タイガース「納得したか!?」瀬戸口「はい!」タイガース「本当に納得したのか!?(半笑)」まあ、なんやかんやのやり取りの後、3人並んでLOVのポーズをとって(バファローは左腕だけ上げた)〆

全体の感想
決勝には普段からタッグを組んでいるLOVとJOKERが決勝に残り、チームとしての完成度が高いタッグがいい結果を残したように思える。先に発表されたCHIKARAに出場する小峠&原田&スパイダー組が出なかったのはしょうがないとはいえ、正規軍は即席タッグが多かったのも勝ち上がれなかった一因かも。3月末ののビッグマッチで開催を発表されたためにもう少しアピール出来ればなとも思いました。
ともあれルチャベースの団体なのでこの試みはよかったと思います。天王山、タッグフェスと並ぶような大会になればなと願います。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shikamasa.blog119.fc2.com/tb.php/31-35bc5661

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カウンター

プロフィール

shikamasa

Author:shikamasa
プロレス好きの男

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。